寒すぎて八合目

冬かと思った、山小屋の豚汁が沁みました美味しかった。

 

はい、先日弾丸で富士登山行ってきました。

本当は山小屋を予約してゆるりとご来光を見る旅を考えていたんですが、

山小屋が予約いっぱい→テント張ればいいんじゃん?→どうやら5合目までしか張れないらしい?→夜通し登ればよくね?→とりあえず富士山へ

馬鹿だなァ〜〜、かさの馬鹿だなァ〜〜。

さんとーと二人で登ったけれどあいつもあいつで富士山ナメすぎ。

何で前日に徹夜してそのままボルダリングして富士山くるんだよ。

握力が無いと言いながら袋あけれてなかったのを見逃さなかったからな。

僕も僕で徹夜からの女の子の家に二連泊しててですね…

楽しかった(素直か)

 

割と命がけでネタ作ってるわけなんですが、本当は弾丸登山は危ないんですよ。

f:id:masaplus0102:20160718132927j:plain

危ないんだよ!!

でも今回の僕みたいにどうしても登りたい…!っていう人も少なからずいるわけで。

そこで実際に登ってみて気付いた富士登山の要点をサラッとまとめます。

言っとくけど弾丸登山を推奨してるわけじゃないから「こいつ危険思想の持ち主だぞ!!」とか騒ぐのやめろよ馬鹿。

 

今回の流れ

今回は家出る20分前に池袋のサンシャインでリュック買って(リュックなんて持ってなかった)、新宿のドンキで雨具とヘッドライトとヘッドライトに入れる電池買って(単4なのに単3買っててコンビニで買い直したのは別のお話)、電車がなかったので急遽特急のチケット買って向かいました。

これだけです。

割といけるんだなこれが…

あと水とポカリを500で一本ずつ、ウイダーを2つとタートルネックとネックウォーマー持って行きました。

お金は多めに持ってこうね、山小屋は値段が高いです(ペットボトル400円とかバブってる)

 

あと今回はノープランだったけど、それでもなんとかなります。

というのも富士山は登山客が多い。

ツアーで来てる人たちもいるしご来光目当てに夜登ってる人もたくさんいるから安心。

ぶっちゃけツアーの人たちに着いていけば何も心配いらない(ペース遅いから時間かかるけどね)

崖に向かってダイブでもしない限り普通に登る分にはマジで事故なんて起きない。

起きるほうが珍しいんじゃ…

でもいきなり登ると高山病とかになるのは間違いないし、準備不足だと色々不便なこともあるからそこは自己責任で(頭痛くなって高山病かと思ったけど普通に寝てないだけだった)

 

富士山を夜通し登ってみて

寒い以外の感想がない。

マジで寒かった凍え死ぬかと思った。

これがなかったら今回の登山は余裕とかドヤ顔で言える。

八合目あたりから風が強くてそれが体温をガンガン奪っていきます。

一応タートルネックとかウインドブレーカーとかネックウォーマーとか着ましたが効果無しでした、冬着を持って行ったほうが賢明です。

でも寒いおかげで豚汁が異常に美味しすぎて泣いた、沁みた、本当にごちそうさまでした。

なんか九合目あたりからうるさいウェイ系の大学生が合流してきて、さんとーとこいつらどうやって突き落とそうか話し合っていた以外は割と平和に登れたかな。

登山客は君たちだけじゃないからね、周りへの配慮を心がけような。

 

それではご来光の写真をどうぞ。

f:id:masaplus0102:20160718135307j:plain

f:id:masaplus0102:20160718135312j:plain

f:id:masaplus0102:20160718132923j:plain

 

……ん?

絶対幸せになるんだぞ、という気持ち、大事です。

山頂で食べた牛丼はこれまた別格で美味しかった。

なんでああいうところで食べるものってあんなに美味しく感じるんだろうね。

1000円かかったことはナイショ。

 

下山は精神を無にして下ります。

あとどれくらいかなァ〜〜とか無しです、目の前の坂にのみ神経を集中させます。

途中、七合目で休憩してる時に爆睡かましたのはいい想ひ出。

あれがなかったら3時間で降りてこれたわ。

ちなみに5:10分に山頂を出て8:30のバスに乗れました。

あそこで寝たかさの本当に許すまじ。

 

なんか色々あったけどちゃんと準備していくことに越したことないよマジで。

寒かった以外の感想がないもん、あとちゃんと寝ような。

でもそれでもちゃんと行って帰ってこれるし、興味ある人は自己責任で行けばいいんじゃないですかね。

 

 

今日は海の日のようで。

何を浮かれてるんだ働けバカ。

かさのは変わらず製図室にこもってますよ頑張ります。

広告を非表示にする